ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭2009

f0188555_14482237.jpg昨日銀座に行った際東京国際フォーラムの駐車場に車を止めたのだが、外に出たら「ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭2009」と言うクラッシングイベントをやっており、人でごったがえしていた。

「ラ・フォル・ジュルネ」とは

フランス北西部の港町ナントで、1995年に誕生したクラシック音楽祭。

毎年テーマとなる作曲家またはジャンルを設定し、会場となるナント市のコンベンションセンター「シテ・デ・コングレ」では、朝から晩まで9つの会場で同時併行的に45分間のコンサートが、5日間で約300公演繰り広げられる。

演奏者は、旬の若手やビッグネームがずらりと並び、しかも、アーティスティック・ディレクター、ルネ・マルタン氏の「一流の演奏を低料金で提供することによって、明日のクラシック音楽を支える新しい聴衆を開拓したい」という考えに基づき、入場料は5~22EURO(700円~3,000円)という驚きの低価格に抑えられている。

来場者の6割はクラシックコンサート初体験者で、またキッズプログラムも充実し子供たちも多数参加している。2005年からは、東京国際フォーラムで開催されているのだそうです。

この日は特設スタジオでFM生放送されていました。
f0188555_20412547.jpg

名前は忘れてしまったが、バイオリンの演奏者らしき人が来ていました。
f0188555_20414970.jpg

会場外はこんな感じでにぎわっていました。時間があれば、私も聞きたかった!残念!!
f0188555_20425531.jpg


映画『おいしいコーヒーの真実』
[PR]
by sasakina0213pmt1 | 2009-05-05 23:23 | イベント